川崎会の最新活動ニュース

令和2年
新年祝賀会


 令和2年2月2日(日)名古屋クラウンホテル3階富士の間にて、新年祝賀会が行われました。川崎会総会は、本年は「鱈つり唄」の全員合唱で始まりました。千恵子先生の新年挨拶、続いて副会長瀧柾の挨拶並びに活動・役員改選報告がありました。、会計瀧由みよさんより会計報告、瀧隆から会計監査報告があり、全員の了承拍手で総会は終了、唄初めに移りました。
 唄初めのトップは、千恵子先生、由美先生、教授の伴奏、唄英樹さんで「川崎三番叟」で始まり、とり千恵子先生の「河内音頭」まで14曲をそれぞれ持ち味を存分に発揮しての唄初めを終了、川崎会功労者表彰に移りました。本年栄誉会員に川崎瀧美樹清さんが該当し、千恵子先生より栄誉会員之賞の盾を授与されました。続いて寿のお祝いに移り、喜寿に瀧若さん、米寿に瀧美樹教授、瀧英澄さん、卒寿に瀧柾教授と四名の方々が、千恵子先生から花束を受け取られ、皆様から祝福の拍手をいただきました。
記念撮影の後、”春の宴”に移り、千恵子先生の乾杯の音頭で宴が始まり、久し振りの顔合わせで、話に花が咲き時間はあっという間にすぎました。締めは由美先生に締めて頂くと共に、「尾張大黒舞」を全員で合唱して宴を終えました。閉会の挨拶が副会長瀧謡教授からあり、三本締めの手拍子で新年祝賀会を終了しました。
 

来年2,021年の新年祝賀会は、2月7日(日)場所を変えキャッスルプラザホテルで行うことに決まりました。