民謡川崎会について

 

民謡の普及と発展を願って

                                         

  今日まで川崎会は順調な歩みを続け、教授・師範・準師範・名取・一般会員と一門が和をもっ
て結び合い芸に励んでまいりました。数多くの公演、各種の芸能活勤・海外公演も行い、発展に
つとめてきました。これは、川崎会のみならず、郷士の芸能文化の向上と普及に努めさせて頂い
たと自負しております。
 亡き父の家元川崎瀧雄は高齢にもかかわらず、生涯をかけて芸の集大成として、邦楽十種
「潮流」の創作に取り組み、長唄・清元・箏曲・地唄・義太夫・新内の完成へと精進を続けた姿は、見ていても頭の下がる程 の芸に対する情熱でありました。次代を背負っている私も、父の成し遂げた偉業、祖先の造産である民謡を正しく受け継ぎ、より一層、民謡の普及と発展に努力すべく、決意も新たに芸の道を歩みたいと願っております。今後は、民謡・端唄にとどまらず、俗曲・邦楽、そして、歌謡曲・演歌へと、芸域を広めて参りたいと考えています。このところの世情を見ていますと、殺伐としたものを感じます。心にゆとりを持てない人たちが多いように思います。このような時こそ、音楽を通して 、明るく、楽しい社会になるよう、微力を尽くして、参りたいと存じます。
                                                  川崎流家元 川崎瀧雄

・場所 〒464-0035 名古屋市千種区橋本町2−8
・お問合せ先 TEL 052-781-6111 FAX 052-781-3005
・交通 地下鉄東山線 本山駅下車A番出口東山方面に100b
     最初の交差点を北へ200b 徒歩5分

※稽古場には駐車場がありません。お車はご遠慮下さい。
  有料駐車場は、本山駅の東と、松坂屋ストアーの北にあります。
・新稽古場の曜日時間帯は、従来と変わりません。